『ワンピース フィルム レッド』感想 初解禁情報が多いライブ映画!

タチバナ

映画「ONE PIECE FILM RED」を視聴してきました。途中からネタバレありで感想/レビューを書いていきますので、未視聴の方は注意してください。

歴代最高傑作…!とまでは行かないまでもめちゃくちゃ面白かったです。
映画館という空間を活かした音楽映画に仕上がっており、アクションシーンも見どころたっぷりでとても楽しめました!

ワンピースの映画作品は全作視聴していますが、かなり上位にランクインするくらい面白い内容になっていました!今までの作品とは違って歌唱パートに時間が割かれていたり、まさかのシャンクスが原作以上に活躍する展開。想像を遥かに上回る出来栄えです。2022年に公開された映画の中で最高の興行収入をたたき出しているのも納得です。

この迫力と感動は映画館で体感しないともったいないです

ここから先はネタバレ入ります。

ONE PIECE FILM RED 感想

今作を見た感想としては、「色んなジャンルの面白さが凝縮された」の一言。

約2時間の映画の中でここまで感情が左右に揺さぶられる作品はこれまでのワンピースの作品にはなかったと思う。

圧巻の歌唱パート。シャンクスとウタの壮絶すぎる過去。満を持しての赤髪海賊団の登場。麦わらの一味と赤髪海賊団の共闘など、全てが見どころ。映画は起承転結で成り立って、面白さにも緩急がありますが、今作はずっと沸点が高いままで最後まで飽きることがありませんでした。

1つずつ、みていきます。

圧巻の歌唱シーン

まずは、冒頭を飾ったウタの歌唱シーン。ライブ感半端なくて最高でした。映画の歌唱シーンって、そこまで本格的じゃない場合もありますが、今作で披露された全7曲は全て楽曲としてのクオリティが高い。歌唱シーンで期待値をここまで上げてくるなんて、思いもしませんでした。ウタとして、メジャーデビューしても売れるのでは?と思うほど。

どの楽曲も歌詞がウタの気持ちを表していて、歌詞に注目するとさらに物語を楽しめる仕掛けまで施されています。歌唱シーンに注目するために、何度も見に行くのも納得です。

タチバナ

個人的には新時代よりも逆光が好きです!

blank逆光
アーティスト:Ado

シャンクスとウタの壮絶な過去

ウタの口から明かされたシャンクスとの壮絶な過去。まさか、ルフィがフーシャ村でシャンクスと出会っていた時にウタも一緒に居たなんて、びっくりですね。原作でウタの存在が匂ったことはないのに、ここで新情報を解禁してくるあたりが今作の本気度を感じます。

しかも、ウタがシャンクスの娘という設定!

そして、ウタとシャンクスの悲しき過去。この過去の話が今作の涙頂戴シーンですね。最初にウタの目線から描かれた話だけで十分泣けましたが、シャンクスの目線から真実が明かされた時、涙腺崩壊。シャンクスの愛情が深すぎる…。このシーンでシャンクスの株が一気に上がったのは間違いありません。

そして、最後の最後に海軍がウタを奪おうと迫るシーン。シャンクスがウタを抱きながら、覇王色の覇気を全方位に放つ姿はシャンクス史上の最高のかっこよさそれまでの戦いでも随分と活躍していたのに、ピークを最後に持ってくるなんて、シャンクス最高です。今作だけで原作を上回るほどの活躍を見せてくれましたね。

赤髪海賊団の活躍!

活躍したのはシャンクスだけではありません!赤髪海賊団の強さの片鱗が描かれる展開は激熱でした。「黒ひげ・ビックマム・カイドウ」と他の四皇や幹部たちが原作で圧倒的な強さを見せていましたが、赤髪海賊団も「やっぱり四皇なんだ!」と思わせるほどの強さ。

ベックマンやヤソップなど、原作では登場していたものの、戦闘ソーンがないキャラの戦いを拝めただけでお腹いっぱいです。

麦わらの一味と赤髪海賊団の共闘!

十分お腹いっぱいの展開だったのに、まさかの麦わらの一味との共闘が実現!

ボス・トットムジカを倒しウタを救うため、現実世界とウタの作り出した夢の世界で麦わらの一味と赤髪海賊団が同時攻撃を仕掛けました。それぞれのキャラの攻撃がリンクするシーンは最高にカッコいいです。ルフィとシャンクスの想いが通じていることを感じられて、原作ファンとしてはこれ以上ない満足感でした。

ただ、ルフィとシャンクス以上に全視聴者を沸かしたのはヤソップとウソップの共闘!

まさか親子共演を果たすなんて、思いもしませんでした。親子の会話に加えて、狙撃手としての腕前、見聞色の覇気など余すことなく、2人の魅力が描かれていました。

終始白熱した展開と歌唱シーンが調和していたので、個人的には良い映画を見たという満足感も十分。ワンピース好きじゃない人でも楽しめる内容だったと思います。

初解禁の情報が多い!

今作の興行収入が歴代最高を記録している要因は作品の質以上に「リピーターが多いこと」だと思います。そして、ファンが何度も見に行ってしまう理由が「初解禁の情報が多い」ことですね。

原作で明らかになっていないのに、ここで解禁するの?と何度思ったことか…。原作を読んでいる人は絶対に今作を見に行った方がいいと思います。

今作で初解禁となった情報をざっと挙げると

「シャンクスの覇気・出生・血筋・過去の懸賞金」、「ルフィが海賊王を目指す理由」。

1つずつ見ていきます。

シャンクスの覇気

原作ではシャンクスが「覇王色の覇気」を使えることが明らかになっていましたが、今作ではさらにシャンクスの覇気についての情報が解禁。

映画の特典として配られた「ワンピース四十億巻」には、シャンクスの覇王色について「見聞殺し」と記載されていました。

この見聞殺しとは、気配をコントロールして、相手の見聞色の覇気を無効化にするもの。つまり、シャンクスの覇王色の覇気は自由自在に気配をコントロールが可能で、相手に未来を見せないことができます。これは、見聞色を極めているカタクリなどの強者との戦闘では、大きな武器になりますね。

シャンクスの出生

今作の最後でシャンクスとウタの出会いが描かれました。シャンクスがある海賊団から奪った宝箱の中に赤ん坊だったウタがいて、そこから赤髪海賊団でウタを育てたとのこと。

そして、このシーンでシャンクスが自身の過去を思い出します。シャンクスが「これも何かの縁か」と言いながら、若き日のロジャーやレイリーの顔が描かれました。

このシーンを補足するかのように四十億巻で、ロジャーゴッドバレー事件で奪った財宝に紛れ込んでいた赤ん坊がシャンクスだったと判明。今まで、「シャンクスはロジャーに拾われたのでは?」と色々な推測がありましたが、その通りだったことになりますね。

シャンクスの血筋

今作でシャンクスのファミリーネームが明かされました。ウタの暴走を危惧していた五老星の口から「あの娘がフィガーランド家の血筋でもか」と発言。

この時、既に五老星はウタがシャンクスの娘だと知っていました。

この発言からシャンクスの名前は「フィガーランド・シャンクス」だと確定!

シャンクスがゴッドバレー事件でロジャーが拾った宝箱にいたことから、「ロックスの子どもでは?」と言われてきましたが、外れだったことになりますね。フィガーランド家…。どんな一族なのか、気になりますね。

過去の懸賞金

第四十億巻で1話当時のシャンクスの懸賞金が明らかになりました。その金額はなんと10億4,000万ベリー。まさかの1話の段階で10億ベリーを超えていたとは、思いませんでしたね。

ルフィが海賊王を目指す理由

ルフィとウタの会話の中で、ルフィが海賊王を目指す理由が明らかになりました。

ウタは「いい加減分かりなよ」「大海賊時代はおしまいだって」「何でそんなに海賊王になりたいの?」とルフィに問いかけました。

すると、ルフィは「新時代を作るためだ」とはっきりと回答。原作でもルフィが海賊王になりたい理由は明かされてなかったので、まさかの回答のビックリ。

ただ、「新時代を作る」って結構抽象的な言葉ですよね…。

タチバナ

この言葉が「ルフィの夢の果て」とどう関係してくるのか、気になります。

ここも知りたい…。気になる謎

燃えるグリフォン

今作でシャンクスは愛刀・グリフォンを使って戦っていました。

そこで気になったのが、グリフォンが炎を纏っていたこと。何でグリフォンに炎が纏っていたのか気になりますね。もしかしたら、シャンクスが悪魔の実を食べていてその能力なのか、覇王色の覇気によるものなのか。早く明らかになって欲しいです。

フィガーランド家の正体

シャンクスのファミリーネームが「フィガーランド・シャンクス」と確定しましたが、ファイガーランド家の正体は明かされていません。

ゴッドバレー事件でロジャーが拾った経緯を考えると、その場にフィガーランド家の面々がいたことは間違いなし。そして、ゴッドバレー事件は海軍のガープと海賊のロジャーが「天竜人」を守るためにロックスを破った事件。

ですので、必然的に「ガープ・天竜人・ロックス」の3択に絞られます。ガープ含めた海軍の子どもであれば、海軍が引き取るので考えにくい。

ロックスはファミリーネームが違うとなると、残るは天竜人…。シャンクスが本当に天竜人の子どもなのか、気になりますね。

強いて、気になる事を挙げると。

歌唱シーンが多い

個人的には、色んな要素が盛り込まれた海鮮丼みたいな今作は大満足です。

ただ、強いて気になった事を挙げるとちょっとウタの歌唱パートが多い気がしました…。

もちろん、歌唱シーンが悪品を盛り上げたことは間違いないです。楽曲も良かったんですけど、7曲はちょっと多い!シャンクスや赤髪海賊団が登場していたからこそ、1曲2曲減らして空いた時間を赤髪海賊団の活躍シーンにあてて欲しかった気もします。

ストーリーが大味

ライブ感を大切にするあまり、繊細なストーリーには仕上がっていなかったと思います。特に赤髪海賊団がウタをエレジアに残した理由がよくわからないんですよね。海賊らしいっちゃらしいけど、育児放棄感満載でちょっとひどくないかとも思えたのは確か。

ゴードンさん・・・

麦わらの一味の活躍が少ない

今作は良くも悪くも、ウタとシャンクスに焦点が当たったので、過去作品と比較して麦わらの一味の活躍が少なかったと思います。

終盤ではドットムジカを倒すべく、それぞれの戦闘シーンが描かれましたが、麦わらの一味ファンとしては物足りない感はありました。

特にジンベエ!

今作が一味に加入してから初作品なのに、そこまで目立った活躍がない…。登場キャラが多いので仕方ないことではありますが、もう少し麦わらの一味が無双するシーンが見たかったです。

総評

ほぼ全編に渡って音楽が鳴りっぱなしのライブ映画に仕立てあげたスタッフの気概と新しいワンピースの試みは凄く良かった。長くシリーズが続くものだからこそ、こういう変化球もあって当然だと思うし、上手く設定を活かしながら映画らしくて素晴らしかった。

あとやっぱり触れないといけないのはadoさんの存在ですよね。
感情豊かで、大迫力音響で聴くにはもってこいなまさにウタウタの実の能力者かのような歌唱力には称賛せざるを得ません。ライブを聞きにまた行きたいと思うほどでした。

ワンピースと音楽映画がうまくリンクした素晴らしい作品でした!

以上、「ワンピース フィルム レッド 感想」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です