『リコリス・リコイル』感想 キャラの魅力はアニメ史に残る!ちさたきが尊い・・・!

タチバナ

TVアニメ「リコリス・リコイル」を全話視聴しました。ネタバレありで感想/レビューを書いていますので、未視聴の方は注意してください。

いやもうめちゃくちゃ面白かったんだけど、これだけは言いたい!
マジでエンディングの入り方とエンディング曲「花の塔」良すぎやろおおおお!!

2022年だけでもかなりの多くのアニメを見てきましたが、その中でもリコリスリコイルはトップクラスに面白くて楽しめました。アニメが開始する前はキャラデザ良いなーくらいの感覚でしたが、予想を遥かに超える内容。

何より個人的に良かったと思ってるのはやっぱり作画と演技。キャラの表情や仕草なんかも生き生きしていたし、キャラ同士の掛け合いが絶妙に小気味良かった。千束とたきなの絡みはもちろん、所々に細かいくるみやミズキなどの小ボケや動きを入れてる画の飽きさせない作りは凄く拘られているなと感じました。

リコリス・リコイル 感想

リコリス・リコイルの面白さは色んな要素が詰まっていて、見事に調和していることですよね。しかも、ストーリー・キャラの個性も超ハイレベル。一個一個の設定が絶妙にまとまったアニメに仕上がっていたので、最後まで飽きなかったです。キャラに注目してもストーリーに注目しても面白い。大きな話題になったのも納得です。

ざっと、良かったところを挙げるとストーリーの秀逸さ・キャラの魅力・陰と陽のバディ・メディアとの連動など。他にも、リコリスの魅力はたくさんありますが、挙げ出したらキリがないので、今回は特に良かったところをピックアップします!

ストーリーの秀逸さ

まずは、ストーリーの秀逸さ。リコリスのストーリーを簡単に言うと、「美少女たちが喫茶店で働きながら、裏で暗殺の仕事をして社会の平和を守っていく」話。

美少女たちが平和を守るために敵と戦う作品は星の数ほどありますが、リコリスの秀逸な点はギャップ。ハラハラドキドキのバトルシーンが満載ながらも、「喫茶リコリコ」でのほのぼのとした日常の話も描かれるなど、日常と非日常のバランスが絶妙。

暗殺などの物騒な話がメインになると、自然とストーリーも暗くなりがちですが、喫茶リコリコの日常が描かれているので、ストーリーが明るいんですよね。暗殺や要人の警護などの話のみが最終話まで描かれていたら、息苦しくなって窒息死していたかもしれません。喫茶リコリコが息抜きの場所として描かれたのが良かったです。

シリアスなのにコメディ。コメディなのにシリアス。この見事なバランスが成立しています。「DA」と「リコリス」たちの戦いに注目すれば、手に汗握る戦いが描かれるし、喫茶リコリコのシーンに注目すれば癒されるし、こんなの面白いに決まっています。

タチバナ

ちなみに、リコリスって漫画原作のアニメじゃないんですよね。

実は「A-1 Pictures」のオリジナル作品。原作がない中でここまでのクオリティを生み出してくるのはさすがA-1 Pictures。「かぐや様は告らせたい」や「心が叫びたがっているんだ」などのアニメ制作を担当しているからか、読者の心を掴む設定が上手い。オリジナルアニメを作らせたらピカイチです!

キャラの可愛さとギャップ

秀逸なストーリーをもっと際立てているのがキャラの可愛さですね。とにかく全員可愛い!

千束やたきなの可愛さに一目惚れて、リコリコを見始めた読者もきっと多いはず。さらに、秀逸なのがキャラの可愛さが分散されていることです。

千束みたいな天真爛漫で明るいキャラも可愛いし、たきなみたいな真面目でクールキャラも魅力的。残念美人だけど大人の魅力を兼ね備えたミズキ。

「どれだけ属性を揃えるんだ!」とツッコみたくなるほど多様なキャラが登場しています。アニメが進むにつれて、推しキャラが出来た人もいたはず。その推しキャラが死なないか、心配していた人もいたと思います。

タチバナ

個人的にさらに登場キャラが好きになった要因が「ギャップ」です。

喫茶リコリコでは、ただ可愛いだけの千束やたきなが戦いになると、急にシリアスな表情で戦い始めるギャップ。可愛いとかっこいいの両面が出てから、もっと千束を好きになりましたね。

ストーリーと同じでこのキャラのギャップがリコリスの真骨頂ですよね。

いつもは天真爛漫なキャラが殺しの天才とか、考えた人を称賛したいです。それぞれのキャラにギャップがあるからこそ、どっぷりとリコリコの沼にハマってしまいました。

正反対だけど相性抜群な2人

リコリスがここまで大ヒットした最大の要因は「千束とたきなバディ」の魅力ですよね。初期の「プリキュア」を連想させる魅力があります。

陰と陽のような2人が距離を縮めていく姿を見ていると、徐々に2人の好きをなっていました。

タチバナ

特に3話は2人の間に絆が出来たと思わせる欠かせない話でしたね。

1話で喫茶リコリコに望まぬ異動をしたさきな。ずっとDNに戻りたいと願うも、3話でその理想が崩壊。そして、挫けるたきを優しく励ます千束。このシーンは作中屈指の名シーンですよね。

しかも、ここでたきなが「千束さん」から「千束」と呼び捨てにする神展開。このシチュエーションを考えた人に感謝したいです。ここから、千束とたきなの絆も深まって、ストーリーもさらに軌道に乗ったと言っても過言ではありません。

ちなみに、個人的には千束とたきなのバディも好きですが、ミカとシンジのバディも好きです。

敵キャラのぶっ飛び加減

まずは分かりやすい敵キャラである真島は完全に狂人ですが、ちゃんとした目的があり、意外と話も通じるところがあったりで魅力がありました。

千束と真島が停戦して話し合っている時の妙な安心感が忘れられません笑

さらに、いかにもエリートらしい吉松の目的のためには手段を選ばない純度100%の狂気っぷり加減も半端なくて、純粋無垢な千束との対比が鮮明でとても良かった。

そんな2人の因縁の対決シーンは見応えたっぷりだったと思います。

千束の声優の安済知佳さん

blank

個人的にココが一番このアニメのミソだった気がするくらい声優さんの力があったと思います。
千束の裏表のない天真爛漫なキャラクターとホントにベストマッチしていたし、素晴らしい演技だったと手放しに称賛したい。

生っぽい演技というか、飄々としているんだけど芯のある声がめちゃくちゃ良かった。その演技にプラスされて、テンプレっぽくない言葉であったり、スラングの使い方やセリフの語彙が巧妙で、抑揚の付け方も相まって聞き心地が最高でした。

安済知佳さんが好演してくれたからこそ、千束の魅力が最大限引き出されたんだと確信しています

Twitterとの連動

リコリコが他のアニメよりも優れていると思ったのがメディアの使い方!

リコリコは、Twitterのアカウントがあります。フォロワーは2022年11月時点で38万人越え。フォロワー数だけで言えば、「SPY×FAMILY」は約120万人強ですので、他の作品よりも全然劣っていますが、リコリスはTwitterの使い方が絶妙。

ツイートでただアニメの予告をするだけじゃありません。千束がツイートしているような投稿やアナザーショットが盛り沢山。ツイッターを見れば見るほど、次回の放送が楽しみになる仕掛けは、他のアニメにはないですよね。

アニメの放送前後はツイッターで気持ちを高めていた視聴者はきっと多いはず。

新時代を代表するアニメになる訳

1期だけでも、十分大ヒットしたリコリスですが、仮に2期が放送されれば令和を代表するアニメに成長する可能性がめちゃめちゃ高いと思います。もちろん、根拠もありますので、幾つか紹介していきます。

円盤の売上が絶好調!

リコリコはアニメの成功を裏付けるかのように「円盤の売上」が絶好調です。放送終了後の9月で既に売り上げは23,000枚を突破!

この数字がどれだけすごいか、同じく9月時点での他の作品の売上をピックアップします。

「SPY×FAMILY」が約8,400枚、「鬼滅の刃 遊郭編」が約22,000枚、「その着せ替え人形は恋をする」は約13,000枚です。なんとまさかのリコリコがトップの数字!

原作漫画が売れていてバリューネームのある作品よりも、円盤が売れているのはすごいですね。まさに、アニメが多くの人に支持されたことを証明しています。

Twitterの反響がえぐい

タチバナ

リコリコがすごいのは円盤の売上だけではありません!Twitterの反響もえげつないのです!

1回のツイートで「いいね」が1万~20万を超えるなど、ずば抜けています。

フォロワーでは上をいっている「SPY×FAMILY」でさえ、予告編のツイートに対する「いいね」は5千~1万程度です。もちろん、「いいね」の数が直接反響の大きさを表すものではありませんが、それでも多くの人に愛された作品になった事を証明する材料にはなりますよね。

また、リコリコは「トレンド入り」の回数もえげつないです。

特に最終回に関しては、トレンド1位と5位を獲得するなど、とても話題になりました。

また、最終回だけじゃなくて1話から放送する度にトレンド入りしていたのもリコリコのすごいところ。人気作でも何回もトレンド入りしたり、トレンド1位を獲得するのは容易なことではありません。

気になるところもちらほら…

リコリコの面白さを点数で表すなら、100点中97点ぐらいです。限りなく、100点に近い満足度ですが、ちょっと気になるところがあったのも事実…。不必要かもしれませんが、一応紹介していきます。

後半の粗さ

まず、気になったのが後半に差し掛かってからの展開。後半に入って、ストーリーを盛り上げるためにスリリングな展開が多くなった気がします。巨大な陰謀が明らかになったり、テロリスト・真島の存在があったので、バランスが崩れるのは仕方ないと思います。

でも、序盤で喫茶リコリコの魅力を見てきたこちらとしては、このバランスを崩して欲しくなかった…。もちろん、個人的な主観なのでストーリーに納得した人もいると思いますが。

それに、ちょっと後半の展開が若干強引だったのも気になる点。駆け足だったせいであまりにご都合主義だった気がします。結果的に粗さが目立った印象なので、序盤からもう少し話を詰めておけば、より面白かったのかな。

タチバナ

街で拾った銃をいきなり発砲とかあるぅ!?

倫理観がぶっ飛びすぎ

リコリコの良いところでもありますが、16歳17歳の女の子たちに人殺しをさせる設定はちょっとやりすぎでは?と思う人もいそう。

DAが事件やテロを未然に防いでいる設定上、仕方ないことですが、まだ未成年の女の子たちが慣れたように敵を射殺する展開は中々にバイオレンスだと思う。

そして、結構あっさりと女子高生たちが殺されまくってましたよね。異世界やハイファンタジーならまだしも、リアル路線ものではかなり珍しい気がしました。

「いや、アニメの話だから!」と言えば、それまでですが、リコリコがこれから覇権を取るには幅広い層から愛される必要があります。コンプライアンスも厳しくなっているので、過激な設定だと親が子どもに見せないかもしれません。結果的に失速に繋がる可能性もあります。

「ワンピース」みたいに長年幅広い世代に愛されるには、親世代に愛されることが重要。

覇権を取るには、少し倫理観を修正した方がいい気がします。

例えば、リコリスたちの殺害行為を問題視する組織があったり、殺す前に話し合いで事件を解決する組織があると、過激さが若干緩くなっていいのかもしれません。

また、千束たちの年齢を一気に上げる方法もあります。ただ、やっぱりあの年齢の女の子たちが戦うことがリコリコの魅力なので、これは避けたいですね…。

総評

キャラクターに声優さん、作画やアクションシーンなどどれもこれもクオリティが高く、それらに上手い具合にオタク向け要素が絡み合いこれだけの大人気作品に成り上がったんだと思います。

このアニメの評価は、随所に散りばめられたオタク向け要素がどれだけその人の加点になるのかが大きなポイントになっていると感じました。なので好きな人にはずっぽりハマるし、ストーリー重視の人にはイマイチと感じる理由も分かる。

ただ作品を通して、可愛い少女のキャピキャピ感とバンバン撃ち合うガンアクションを堪能できたし、個人的にはとても楽しめました。なにより、先程も書きましたが、主人公のキャラ設定と安済知佳さんの好演があってこそだったと思います。

色んな人に観てほしい、素敵なアニメでした!

以上、「リコリス・リコイル 感想」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です