絶対に読んでほしい!!笑えるおすすめギャグ漫画ランキングBEST10!

どうも!マンガ大好きアラサー男子タチバナです!

今回は、タチバナが「めちゃくちゃ笑えるギャグ漫画」を10作品厳選しランキングにしましたので、おすすめとしてご紹介したいと思います。

どうしてもやっぱりベタな作品になってしまいますが、逆に読んでいないものがあれば是非チェックしておいてくださいませ。
笑える作品ばかりです!ネタバレしないように感想/レビューを書いていますので参考にしてください。

それではどうぞー!

スポンサーリンク

ギャグ漫画ランキング!ベスト10はこれだ!!

10位:聖☆おにいさん/中村光(現在13巻)

テルマエロマエと同じように、発想の勝利といったような作品。
仏教のブッダ、キリスト教のイエス、この2人が東京でアパートをシェアして下界でバカンスを過ごす物語。
宗教ネタを上手く取り扱っていて、何よりブッダとイエスが現代の世界で暮らすというアイデアが秀逸。

そんな宗教が絡むデリケートな内容をゆるーく描ききった作品。
宗教をネタにするという危険な賭けが見事に成功した稀有な例だと思います。

超越者である2人物凄く庶民的なことで頭を悩ませたり、そうかと思えば壮大すぎる感覚が実生活との齟齬を生んだり、無意識に発動してしまうチート能力のせいでついうっかり奇跡を起こしてしまって慌てたり。
そういうエピソードの数々が微笑ましく、シュールな笑いを生み出していました。

凝ったネタから繰り出されるシュールな笑いが堪能できると思います。

9位:ギャグマンガ日和/増田こうすけ(全15巻)

個性豊かなキャラクターが繰り広げる1話完結型のオムニバス形式ギャグマンガ。
数多のエピソードとネタの発想がぶっ飛んでいて、この作者は天才だなあと感心させられる。
絵の雑さが味になっている変な感じもあるんですよね。

ただ、個人的には当たり回とハズレ回の差が激しい印象。
ずーっと面白いってワケではなく、たまに凄まじく笑える回があるんですよ。
かなり笑える面白い回が2割、普通な回が5割、つまらない回が3割くらいの感じ。

普通なら凡作の評価なんだけど、そのかなり笑える面白い回ってのが評価を爆上げしてる。
思い出しても笑ってしまうくらい笑えます。

ただ、作風が合わない人にはとことん合わないと思うしこればっかりはわからない。
この作風のシュールな笑いについていけたときの爆笑回は素晴らしいものがありますよ。

タチバナの好きな回はやっぱり麻雀回。腹抱えて笑いました。
そのほかは聖徳太子シリーズが面白いですね。

8位:太臓もて王サーガ/大亜門(全8巻)

パロディ漫画の最高峰とも言えるめちゃくちゃ好きな作品。
ジャンプ連載漫画なので基本的にジャンプ系の誰でも知っているような漫画を幅広くパロディしていた。
デスノートやワンピース、ブリーチにナルト、テニプリなどなど。

ここぞというところで、ぶっ込んでくるので本当に面白い。
パロディした作品には作者からの愛とリスペクトをしっかりと感じることができるので、原作のファンでもまったく嫌に感じませんでした。

その中でも特にジョジョネタは凄まじかった!
作者が大のジョジョ好きでその愛がひしひしと伝わってきて、そしてしっかり面白い。
ジョジョ原作の荒木飛呂彦先生からも公認で、もう本当にやりたい放題という感じだった。

パロディを使ったボケも面白いんだけど、ツッコミも的確かつキレッキレでかなり冴えていた印象。
作者が「ツッコミにはこだわっていて書き直しを重ねている」と言っていたのには納得した覚えがある。

ラブコメ要素も充実していてこれもまた良かったです。
パロディの元ネタがわからないと面白いと感じないかもしれないけど、逆に元ネタがわかる人なら抱腹絶倒間違いなし!
ただ、そのパロディネタを受け入れられるかという問題はありますが笑

7位:あそびあそばせ/涼川りん(現在3巻)

割りと最近見つけて、この作風と絵柄から生み出されるギャップとシュールな面白さにハマった。
まず漫画の表紙が完全に詐欺です。可愛い女の子のゆるそうな日常系かなと思ったら大間違い。
この表紙から想像もつかないような顔芸と勢いとセンスのいい笑いが提供されています。

基本的には女の子3人の日常コメディなんだけど、そういった作風にある萌えや和みなどは排除してギャグに特化した感じ。
かなり残念な方向にこじらせてしまっている個性豊かなキャラの美少女顔芸が楽しめます。

キャラの関係性も殺伐としていて、とにかくギャップが面白いんですよね。
これまでになかったような新鮮な笑いがある気がします。

そして作者の絵のパターンの数にも驚きます。
表紙のような可愛らしいときもあれば、ホラー漫画のようだったり、子供が描いたような崩れた絵になったりと、多くのパターンを使い分けているのがこの漫画の面白さの所以かもしれない。

テンポも抜群に良いので、本当に読みだしたら止まらない漫画になってます。
1話目から面白いのですぐハマると思いますよ!

6位:浦安鉄筋家族/浜岡賢次(全31巻)

ギャグ漫画をおすすめする上でこれは絶対に外せないと思いました!
この漫画でタチバナは育ったと言ってもいいくらい小学生のときに流行ってずっと隣にあった漫画。
色んな思い出があって、今でも鮮明にシーンを思い出せるしふとしたときに見かけるとつい手にとってしまう。
この漫画の独特な擬音表現が未だに忘れられない。

小学生がとにかく喜ぶ内容で、下ネタ満載で凄まじく下品なんですよね。
下品を通りこしてもう汚いくらいだけど、そういう作風に抵抗ない人は是非読んでほしい。

続編が今でも続いていて、「浦安鉄筋家族(全31巻)」→「元祖!浦安鉄筋家族(全28巻)」→「毎度!浦安鉄筋家族(現在21巻)」という1993年から続くロングランな漫画ですね。
段々と作風も時代に合わせてマイルドになってきている印象。
元祖の途中まで集めてたんだけど、やっぱり初代の浦安が面白かった。

でも今の新しいのを読むとなんだかほっこりしますね。落ち着くというか安心感がある。
たぶん連載が終了してしまったら悲しんで全部集めるんだと思います笑

そして今から全巻読むのはちょっと大変だなと思う人や、また浦安読みたいなと思った人のために「よりぬきシリーズ」というものがあります。
初代浦安と元祖浦安から選りすぐりの話を集めた内容になっています。
1巻が「春巻遭難編」2巻「あかね受難編」3巻「垣&鬼母編」4巻「小鉄夏休み編」5巻「国会議員編」6巻「花丸木らむーん編」7巻「大鉄テキトー編」8巻「仁ママ&仁編」9巻「十三階段ベム編」
神回を集めたコレクションになってます。爆笑必死!

5位:セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん/うすた京介(全7巻)

これはもうド定番ですね。天才が作るギャグ漫画の傑作。
一つの新しいジャンルを切り開いたと言ってもいいくらいの功績を残した、シュール系ギャグマンガの先駆けとも言える作品。

いかに発想を飛躍させるか、いかに奇想天外なモノを書き込むか、いかに個性を輝かせるかというギャグ漫画でなくとも大切なことをとことん描ききったと思う。
主人公マサルが思いついたままの意味不明な行動と言葉だけで、テキトーな感じでゴリゴリ進むストーリーはたまらなく面白いし、よくこんな無茶な手法を貫いたなと驚嘆します。

方向性も縦横無尽で、宇宙人だったり、競技であったり、秘密組織だったり、校長先生であったり、マスコットキャラであったりととにかくいい意味で迷走しまくっていた。
メインテーマなんてものも皆無で、とことん勢いで描き上げたシュールなギャグ漫画ってやつですね。
爆走し続けた「うすたワールド」の破壊力は最高でした。

4位:世紀末リーダー伝たけし! /島袋光年(全13巻)

通常版は24巻で作者の不祥事により未完に終わっており、ワイド版で完結した作品。
タチバナはガッツリたけし世代なので、小学生のときにハマって読んでいたので思い入れが凄いです。
リーダーバッチがほしくてハガキを送ったのを覚えています。

1話完結型のギャグ回がメインで、たまに長編のバトル編に突入。
そのバランスも絶妙だったし、長編のシリアスな展開も上手く笑いと感動が織り交ぜてあって非常に楽しめた。
子供心に大切な教訓を教えてくれるような、道徳的なメッセージ性もあって良い話が多かったですね。

ギャグだけだと息切れするから、上手く熱いバトル編を織り交ぜたのが長く続いてここまで人気が出たんだと思います。
ギャグ回はハズレ回がないほど毎回面白かったし、強烈な個性のあるキャラクターがハイテンションでドタバタする様は、もー本当に毎回爆笑モノです。

ギャグ漫画としても、ストーリー漫画としても面白い傑作漫画。
実は、泣ける回もかなり多いです。

3位:監獄学園/平本アキラ(現在26巻)

エロに特化したお色気全開のまさに男のためのギャグ漫画。
画力の高い絵にシリアスなシーンの中で、アホみたいな下ネタとギャグそしてエロが満載な作品。
作画の上手さは他の追随を許さないほどの綺麗さ。その画力を活かしたエロ描写は一級品です。

下ネタギャグがメインで、中途半端にブレる事なくどこまでもぶっ飛んだ作風が貫かれていて潔くて好感が持てる。
ストーリーも男の欲望を赤裸々に綴っていて、共感できるところが多々あって最高に面白い。

隙あらば、胸やお尻を強調してくるもたまらなくそそられますね笑

エロコメディでこの作品の右に出るものはないと思います。
常にギリギリを攻めて攻めて攻めまくるスタイルは、男にとって抱腹絶倒間違いなし!

この「監獄学園」は無料スマホアプリ「マンガBANG!」で1巻を無料で読むことができます。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
★★★★★ 4.7

気になった方は是非どうぞ。

2位:ヒナまつり/大武政夫(現在12巻)

中毒性のヤバイ、今最高に面白い漫画。
インテリヤクザと超能力の使える少女が織りなすシュールなギャグストーリー。
とにかく登場人物全員のキャラが抜群に立っていて、全員もれなく面白い。

ギャグがキレッキレなんですよね。
下ネタや過激な方向で勢いまかせっていうのは一切なく、独自の発想や着眼点から笑わせにくるハイセンスなギャグ。
基本的には人物同士の思惑のズレだったり、すれ違いをシュールに描いてギャグに仕立ててる感じ。

そして話の落ちの付け方も上手くて、ここで紹介した他のギャグ漫画とはちょっと違ったタイプですね。
ストーリー性もしっかりあってギャグ要素だけではなく、ほっこりさせる要素や、泣かせにくる要素もあってなんとも言えない心地よさの感じる漫画です。

内容を少し話と、ヤクザとサイキック少女といった社会からやや外れた人たちの日常をユーモアたっぷりに描いているんです。
彼らには彼らの事情があって、仲間同士で配慮しつつもあくまで身勝手で、人間味溢れる憎めない数々の登場人物。
当人たちは大真面目で何もおかしな事はしていないのに、それを外から眺めると大爆笑となってしまうそんな日常コメディです。

とにかく読んでみてほしい。
声出して笑ってしまうと思いますよ!

1位:今日から俺は!!/西森博之(全38巻)

古き良きツッパリ漫画。
もうねこの作品は全てにおいて超高得点。他の漫画とは一味もふた味も違う。
ギャグ、友情、熱血、ラブコメ、青春、どれもこれも最高。大爆笑して、熱くなって、そして泣ける作品なんです。

テンポも抜群で、キレッキレのギャグ、スピード感のあるバトルシーンなどなど、内容が濃すぎて語り尽くせない。
キャラが個性的で、そして超カッコよくて脇役にまで愛着が湧くんですよね。

ストーリー展開もぶっ飛んだものはなく、すべて納得のいくシナリオになっていてやり過ぎ感もない。
よくこんなに自然なストーリーでハイレベルなギャグが入れられるなぁと感心します。

分類はギャグ漫画とは言えないかもしれないけど、最高に笑えるので超おすすめ。
38巻と多いように感じるけど、文字が多い漫画ではないので一瞬で読み終わるレベルだと思います。読んでない人が心の底から羨ましい。
今井以上に面白いと思うキャラが未だに出てこない笑

番外編:その他おすすめギャグ漫画

ランキングには入れませんでしたが他にもおすすめするギャグ漫画はいっぱいあります。
ここではそれらの作品を紹介したいと思います。

日常/あらゐ けいいち(全10巻)

ほんわかした空気感と絵柄でシュールなギャグをやるアンバランスさがたまらなくクセになる作品。
かなり新鮮さがあると思うし、独特の感性が光るニュータイプな漫画ですね。

絵柄は空気系に近いデフォルメされた萌え系なんだけど、内容が規格外すぎてそこから生み出されるギャグが秀逸。
言葉のセンス、絵、空気感、設定をフルに使って笑わせにくる感じ。

ただ、当たり回とハズレ回の差が激しい印象。ギャグ漫画の宿命だけどね。
笑える回は抜群のセンスが光ってるのでかなり笑えます。

大好きなんだけど、個人的にはアニメで見たほうが面白かったのでランキングには入れませんでした。
この漫画の良いところが存分にアニメでは発揮されていました。

いぬまるだしっ/大石浩二(全11巻)

少年ジャンプでストーリー漫画ではなく、ショートギャグだけで長期間連載された凄い作品。
いぬではなく局部丸出しの幼稚園児と保育士の先生によるギャグ漫画。

舞台が舞台なのでクレヨンしんちゃんとかぶる部分はありますが、視点のメインが園児ではなく保育士の先生ってところがポイントですね。
ボケの園児とツッコミの先生っていう構図がもの凄く分かりやすくてシンプル。

ネタについては、下ネタはもちろん、パロディネタや時事ネタなどが織り交ぜられておりバランスが良くテンポも抜群。
基本1話完結型なのでサクサクと読みやすいです。

ショートギャグの詰め合わせなので、やっぱり当たりハズレがありますね。
でも、ストーリーがあるわけではなく、ぶっ飛んだキャラが下品すぎるネタが出てくることもなく、かといってシュールなわけでもない純粋なギャグってことを考えると凄い作品だと思います。

男子高校生の日常/山内泰延(全7巻)

タイトル通りの男子高校生の何の変哲もない馬鹿馬鹿しい日常が描かれている正統派ギャグ漫画。
男がメインで内容が日常モノなのに一定の人気を博しアニメ化までされた凄い作品ですね。

男子高校生がバカやってるのをリアルに描いていて、上手く特徴掴んで面白おかしく仕上げている感じ。
男なら共感できる部分があったりするので、なかなかにノスタルジーを感じる部分もありました。

登場人物が個性的で、それぞれに人間関係や世界観があるのもいいところです。
絵はお世辞にも上手いとは言えないんだけど、それがちょっとしたスパイスになっているところもある。
微妙な表情から心境を伝えるのが上手いんですよね。

男子校が舞台なので、男子校出身の方におすすめです。

斉木楠雄のΨ難/麻生周一(現在22巻)

週刊少年ジャンプで連載中のギャグ漫画。ギャグのみで5年ジャンプで生き残っている時点でスゴイ。
内容は超能力が大嫌いな超能力者の主人公が、様々なキャラクターたちが起こす騒動に巻き込まれながら日常を繰り広げる物語。

主人公の冷静なツッコミが的確かつシュールで面白いポイント。
キャラクターも超が付くほど個性的な面々が揃っていて、人を馬鹿にするようなネタがないので非常に好感がもてる。

言動などのボケで笑いを取るというよりは、それに対するツッコミで笑いをとるスタイルですね。
なかなか斬新で大爆笑には至らないけれどクスっと笑えるし、不思議とツボにハマる感じ。

基本1話完結型なのでテンポ良くサクサク読めると思います。
読んだ人はヒロインにおっふすること間違いなし!

ふうらい姉妹/長崎ライチ(全4巻)

劇画タッチでシュールなギャグを描いた4コマ漫画。
美人だけどアホな姉と、しっかりしているように見えるけどやっぱりアホな妹が、ツッコミ不在でボケ倒す、そこはかとなく哀愁の漂う笑える漫画です。

ゆるい作品だけど、日常生活で感じる疑問の着眼点が鋭く、そこをネタにするのかという斬新なネタが多くて感心します。
しっかりと4コマでオチがついてるので、サクっと読めてクスっと笑える。
たまにツッコミ役にまわる姉妹だったりするのでオチのバリエーションも豊富。

絵柄もギャグ漫画としては外しているし個性的。
妙に難しい構図や、描くのがめんどくさそうな服や細かい描写など、4コマ漫画なのに意外と手が込んでいるのも好印象。
そのあたりも独特の変わった雰囲気を作り出すのに一役買っている感じ。

描き下ろしの漫画やフルカラーで楽しめる特別編など単行本にはオマケ要素も充実していてボリューミーな内容になっているのも嬉しいところ。

「今一番笑える4コマ漫画」と帯が付いていましたが、その謳い文句にも納得できる内容です。

みなみけ/桜場コハル(現在16巻)

3姉妹の平凡な日常をまったり楽しむコメディ漫画。
博識で大人ぶってるけどやっぱ子供な三女、天真爛漫だけど策士な面もある次女、そんな二人を暖かく見守る長女をはじめとする可愛いキャラと個性的な取り巻きがダラダラ過ごす様が非常に面白い。

基本的には1話完結型のオムニバス形式なので気軽に読めるのも嬉しいところ。
それでいて毎話面白いんです。キャラの個性の出し方が絶妙でみなみけワールドにどんどんハマること間違いなし!

個人的にはアニメの方が好きなのでランキング外にしましたが、漫画も十分楽しめます。

月刊少女野崎くん/椿いづみ(現在9巻)

主人公である野崎君に勇気を振り絞って告白したヒロイン佐倉さんが、何故か恋人ではなく少女漫画家のアシスタントになることになった。そんな2人の漫画家ライフを描くコメディ漫画。
設定が斬新すぎて、そこから生まれるギャグの数々は他ではない新鮮な内容なのでめちゃくちゃ面白いです。

少女漫画のネタを集めるのに必死すぎる主人公と、それにツッコミを入れるヒロイン。このバランスが絶妙で最高。
そんな中で進展してるのかしてないのかわからないラブコメ要素もたまりません。

すかしてるようなキャラが出てこないので、登場人物みんなに人間味があって不快感がなくて素晴らしいんです。テンポも抜群にいい。
少女漫画をネタにしていてますが、男が読んでも十分面白いです。

荒川アンダーザブリッジ/中村光(全15巻)

荒川の河川敷に住む不思議な人々と、一人の青年の魂の交流を描く、可笑しくもどこか切ない人間物語。
シュールギャグでもあり、ハートフルコメディでもある不思議な作品。

とにかくキャラクターが全員ぶっ飛んでる!笑
ホームレスっぽいホームレスはいないんだけど、電波で思想がおかしい人たちの日常が面白い。
主人公が成長していくストーリーを軸に、恋愛要素、友情要素などなどシリアスな話もあったりと話のバラエティは豊富。

女性キャラクターも可愛いのにぶっ飛んでいて最高ですね。
個人的にはアニメの方が好きなのでランキングには入れませんでした。

ぐらんぶる/吉岡公威(現在8巻)

ダイビング×キャンパライフの勢いの凄い青春漫画。
表向きは綺麗な世界観を感じるんだけど、真逆の下らないバカバカしいノリのコメディ作品です。
ダイビングサークルの大学生の日常って感じですね。

ダイビングより飲み会をしている方が多いと思います笑
クセのあるキャラクターばかりで、勢いで悪ノリしていく様が面白い。
くだらないギスギスした人間関係も無く、ただただバカやってるだけ。ここまでくると清々しいほどのバカバカしさでとにかく笑えます。

デトロイト・メタル・シティ(全10巻)

インディーズで圧倒的な人気を誇るデスメタルバンドのボーカルであるクラウザー様。
しかし、その素顔は普通の好青年というギャップから生まれるギャグが新鮮で非常に面白い。

本当はポップな音楽をやりたい彼が、ジャンルの違う音楽でキャラを演じなければいけないことに苦悩し、その苦悩を笑いに変えている漫画ですね。
好青年からスイッチが入った彼がめちゃくちゃ面白いです笑
ただ、面白い話とそうでない話の時の落差が激しい印象。

ツボればかなり笑えます。
ただ、下品なセリフや下ネタがかなり多いので女性にはあまりおすすめできません。

このデトロイト・メタル・シティは無料スマホアプリ「マンガPark」で無料で読み進めることができます。

マンガPark - 人気マンガが毎日更新!全巻読み放題の漫画アプリ!

マンガPark – 人気マンガが毎日更新!全巻読み放題の漫画アプリ!
開発元:Amazia, Inc.
無料
★★★★☆ 3.8

毎日8話ずつですが、無料で読めるのはかなり嬉しい。
他にも人気作品が多数ありますので、気になった方は是非どうぞ。

ピューと吹く!ジャガー(全20巻)

ザ・うすたワールドはすごいよマサルさんと同じくして健在。
シュールなギャグ漫画で、読めば読むほど面白くなってくるスルメのような漫画です。

基本的には1話完結型なのでサクっと読めるし、ナンセンスなギャグの数々とテンポの良さが爽快で面白い。
キャラも際立って個性的だし、ハマーが面白すぎる笑

ちょっと息抜きに漫画を読みたいときにおすすめですね。
ただ、個人的にはジャガーよりマサル派です!

ケロロ軍曹(現在28巻)

世界征服を目論む間抜けな異世界人というコミカル全開な設定と、愛くるしいキャラクターたちの日常が結構笑えて面白い。
ケロロたちの任務遂行よりも今を楽しむスタイルがスゴイ好き。

パロディネタも豊富で、程よくエロくてストーリーもしっかり面白い。
ギャグだけでなくシリアスもあって両立できてます。
可愛い絵柄なんだけど結構ブラックなネタもあったりして単調じゃないんですよね。

ただ、基本キッズ向けなので好みはハッキリ分かれそう。
そしてちょっと長すぎてダレてきてますね。20巻までは読んでましたがもうお腹いっぱいになりました。

たまにふらっと読みたくなる漫画ではある。

魁!!クロマティ高校(全17巻)

不良高校に入学してしまった優等生である主人公が、個性豊かな仲間達とともにこの学校を立て直そうと奮闘したりしなかったりする脱力系学園コメディ。
なんでもありな世界観がもの凄く雑なんだけど、それがまたシュールで面白い。
ギャグとしか思えない個性的なキャラが次々現れる序盤は強烈にインパクトがあった。

絵の破壊力や絶妙な間の取り方はこの漫画独特で他にはないものがあるんですよね。
たった1コマで笑えたり、何気ない会話に共感できたり。

前半はたしかに面白かったし、ランキングに入れたいくらいたしかに笑えた。
ただ、後半になるにつれ失速していった感が否めない。
10巻くらいまではかなり笑えるので、そこまでは全力でおすすめできます。

最後に

いかがでしたでしょう。

やっぱり面白いだけあって認知度はどれも高いと思います。本当にベタだなあと自分でも思う笑
でもそれだけ人に読まれて評価されているわけですから、内容の面白さは折り紙つきです。

ただ、人には好みがありますし”絶対面白い”と保証はできませんが、万人に受けている作品なので読む価値はあると思います。
少なくともタチバナはこれらの作品には本当に笑わせてもらいました。

共感していただけたり、新しい発見があれば嬉しいです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

【必読】面白い漫画の超おすすめ作品ジャンル別ベスト10ランキング!【超人気作から隠れた名作、2017年最新作まで!】

2017.10.08

絶対に読んでほしい!!泣ける・感動するおすすめ漫画ランキングBEST10!

2017.08.22

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。